死者の視点から書くブックレビュー

日本経済も世界歴史もすべてが終わった死者の視点から書くブックレビュー。

経済学にも歴史学にも頼れなかった研究生活で、今なお私のなかで輝いてくれる本をとりあげています。

スポンサーリンク
ブックレビュー

リープフロッグ:一冊で世界経済史をまとめた良書

野口悠紀雄氏の『リープフロッグ:逆転勝ちの経済学』をご紹介。本書は世界経済の歴史で中心となってきた国々をとりあげ、リープフロッグの概念から一冊で世界経済史をまとめた良書です。#経済史 #世界史 #リープフロッグ #野口悠紀雄 #文春新書 #産業革命
ブックレビュー

恋愛と贅沢と資本主義:経済社会のエンジンは何か?

20世紀初頭に消費から経済史をみた珍しい本。私たちの生活を突き動かすのは禁欲か贅沢か。マックス・ウェーバーの禁欲主義にたいして恋愛や贅沢に注目する欲望主義。19世紀フランスの宮廷恋愛からヨーロッパ経済史へと視野を拡大し都市論や貿易論にも言及。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました