空間的な広がりと時間的な広がりで学ぶ広視野経済学

空間的な広がりと時間的な広がりで学ぶ広視野経済学広視野経済学

広視野経済学を学んで予測不能な21世紀グローバル社会に対応しましょう。

広視野経済学とは、特定のテーマについて空間的な広がりと時間的な広がりから理解する考え方です。縦と横のイメージです。バーチャル経済史の経済学版です。

具体的には、複数地域の比較や複数時間の比較によってテーマがおかれた状況を示し、今後の発展や衰退にどのような施策や対応ができるかを考えます。

個人レベルや社会社会レベルから政府・国際連合レベルまで多層に分析します。

受験生・大学生・社会人・シニアの方々だけでなく、教員の方には教える技術としてお使いいただけます。

スポンサーリンク
広視野経済学

モバイル資本主義とは:グローバル経済史再考

グローバル経済史を再考するためにモバイル資本主義を分かりやすく説明。モバイル資本主義とは必ずしもモノやサービスを販売するだけではありません。Googleのように無料サービスをひたすら提供しつづけて巨大企業となったケースもあります。
広視野経済学

1990年代東アジア経済の変容と中国

中国のリープフロッグ型経済発展の裏側で何が起こっていたかを説明。過去30年間の中国の大きな工業化で東アジア4地域の関係が変化したことにも言及。コロナ禍における世界のニュースで中国が一番元気に見える理由や米国や同盟国が警戒する理由も解説。
2022.03.06
広視野経済学

個人の活動(節約と出費)から経済学を考える

ここでは、個人の経済活動から経済学を考えましょう。個人の経済活動からアイデンティティを考えると、節約と出費の二つに分かれます。これらをうまく使い分けるのが大学生活で大切です。また、この2点で経済学を考える癖をつけてください。
2022.01.29
広視野経済学

中学生向け国語辞典にみる経済学

大学生のイメージする経済学を定義づけるために、中学生向け国語辞典にふれて、経済、経済観念、経済的、経済力の意味を考えます。このうち経済には二つの意味があります。それぞれを丁寧に説明します。
広視野経済学

ルイス転換点からみた日本のアパレル産業

ルイス転換点(中所得国の罠)からみた日本のアパレル産業について説明。前提となる認識は次のとおりです。(1)日本のアパレル産業は1960年代にルイス転換点を越えた(2)ルイス転換点を越えた日本のアパレル産業は製品調達を外国へ依存した。
2022.02.26
広視野経済学

アパレル産業から経済活動の循環を理解する

アパレル産業から経済学を説明しています。経済学を説明するというと難しそうですが、この記事では経済活動が循環している点を理解してください。そして、経済活動の循環をとらえる2つの経済学をご紹介して、みなさんへのメッセージを添えています。
2022.02.07
広視野経済学

アパレル産業を事例に経済学をどう考えるか

今回の課題はアパレル産業を事例に経済学をどう考えるか。実際に一つの産業や職業部門をとりあげて経済と経済学を考えてみます。製造、販売、消費にくらべて流通をどう書くかが難しいです。限られた140字に書く語句や工程のバランスにも気を配ってください。
2022.02.03
広視野経済学

大学生がイメージする経済学

大学生が経済学をどう考えているか知りたくて授業でレポートを課しました。いろんな回答があって私の経済学のイメージをまとめ直すきっかけになります。この記事ではいただいた回答の傾向をまとめて大学生のイメージする経済学を定義づけます。
2022.01.31
スポンサーリンク
このページをシェアする
シニアン(Seniorn)をフォローする
タイトルとURLをコピーしました