ワードプレスがTwitterへの自動共有(パブリサイズ)を終了

書く技術
この記事は約2分で読めます。
記事内に広告を含みます。
スポンサーリンク

ワードプレスがTwitterへの自動共有(パブリサイズ)を終了

以前から燻っていたワードプレスとtwitterとの自動共有問題。

とうとう、残念な方向に決着が付きました。

Jetpack Socialによると、本日(2023年4月30日)付で、ワードプレス(Jetpack)がTwitterへの自動共有(パブリサイズ)を終了します。

最近、Twitterは急遽、Twitter APIの条件と価格を劇的に変更することを決定。

Jetpackは、新しい条件を交渉するためにTwitterと誠実に協力しようと試みてきましたが、合意に達することができませんでした。

その結果、Twitterへの自動共有は終了します。

Twitter側がアクセスを削除すると、Jetpack SocialでのTwitter接続は機能しなくなり、ブログの記事がTwitterに自動共有されなくなります。

他方、従来どおり、投稿のリンクをツイートの本文に貼り付けることは可能で、Twitterに投稿を手動共有できます。

また、Tumblr、Facebook、LinkedInへの自動投稿も継続して可能。

近い将来、InstagramとMastodonへの自動シェアの機能を追加する予定とのこと。

自動共有や手動共有などでサポートが必要な場合は、Jetpack Socialで受け付けてくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました