大航海時代1:中国とヨーロッパの大航海時代

経済学概論1
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

大航海時代1:中国とヨーロッパの大航海時代

イントロダクション

大航海時代とは

  • 大航海時代の定義…15世紀後半から17世紀にかけてヨーロッパ諸国がアジア大陸・インド・アメリカ大陸などへ航海し、その地域を植民地にするべく進出した時代。

中国の大航海時代

  • 航海の目的…___の権威を広く示すこと →物々交換はあり
  • 中国をとりまく周辺事情…古代の朝貢貿易とは?
  • 中国の大航海時代…___プロジェクト

ヨーロッパの大航海時代

  • 航海の目的…いろんな地域の農産物を略奪したり購入したりして、その地域を支配すること
  • ポルトガルをとりまく周辺事情…中世の大航海時代とキリスト教の導入
  • ヨーロッパの大航海時代…___プロジェクト
  • オランダをとりまく周辺事情…モノと学術の導入
東インド会社:17世紀に登場した世界初の多国籍企業:ヨーロッパの大航海時代以降、対アジア貿易を担った東インド会社の設立や性格を説明。
大航海時代と銀の経済史:スペインの銀山開発をテーマに、大航海時代の前後で世界がどのように変化したかを説明。

19世紀イギリスの覇権と20世紀アメリカの覇権

  • 英・独・米をとりまく周辺事情…19世紀と20世紀において工業化に違い

コメント

タイトルとURLをコピーしました