卒業論文の準備にツイッターを使う

文献調査

卒業論文の準備にツイッターを使う方法は意外に知られていません。

ツイッターに書いた文章を卒業論文で5000字や1万字へ積みあげていきます。

緻密な整理にはツイッターが意外に便利です。インターネット記事の整理だけでなく、本や雑誌などの紙媒体文献の整理にも使えできます。

スポンサーリンク

卒業論文の準備にツイッターを使う

卒業論文を個人で行なう前提で話を進めます。共同研究は念頭におきません。

インターネットであろうと紙媒体であろうと、あとで詳しく調べたい記事や文献が出てきます。

このとき、インターネットではURL、紙媒体の図書や雑誌などでは典拠元をツイッターに書きます。また、これらに書いてある文章の引用も「」をつけてツイッターに書きます。文章の引用に関する著作権は、鍵アカであるかぎりは気にしなくて良いです。

卒業論文専用に鍵アカウントを作成

卒業論文の準備は個人研究ですから、まずツイッターで鍵アカウントを作りましょう。

ふだんツイッターを使っている方は別アカウントで鈎アカをつくります。アカウントを分けた方がメリハリが利きます。

とにかく卒業論文専用に鍵アカウントを作成しましょう。

タグづけのコツ

ツイッターにはブックマーク機能がありますが、保存先を分けられないので、ブックマークしたツイートが増えるとグチャグチャになります。

また、ツイッターにはカテゴリーの概念がありませんから、代わりにタグづけを使います。

といっても、よく使われるタグづけだと同じタグ名を使うと、タグ検索で他の人のツイートやリツイートを読んでしまうので邪魔。

発想を変えます。

自分の名前やIDを使うタグづけ

経済史ドットコムのツイッターの名前は「Seniorn@経済史ドットコム」、IDは「@SeniornEconHist」です。これらの文字列を卒論用タグづけに使えば、あなた自身のタグづけを作れます。

もちろん、タグを排他的にすることはできませんので、あなたのつくったタグを利用する方が出てくるかもしれませんが、可能性は低いです。

たとえば、環境統計の記事をさがしていてAさん、Bさん、Cさんの記事をインターネットや文献でみつけたとします。

これらを鈎アカのツイッターにシェアするときに「#Seniorn経済史A」や「#Seniorn経済史B」などのようにタグづけします。あとでツイッター上に「Seniorn経済史」で検索をかければ、だいたいがあなたのシェアしたツイートが検索結果に出てくるはずです。

タグづけの例をほかにも2つ。

独特な言葉をくっつけるタグづけ

たとえば「労働政策」や「カンディンスキー」の項目で情報を整理するとき、「自分しか使わないだろう独特な言葉」を「労働政策」や「カンディンスキー」にくっつけるとOKです。

とにかく、ツイッターで自分だけの情報整理に集中するべきで、独特なタグづけをつくりましょう。ただし、あまり細分化しすぎないように。カオスになりますから。

卒論の目次構成を意識するタグづけ

この独特なタグづけを行うとき、タグは卒論の見出しになるような、つまり目次の構成部分になるようなものを当てはめるのも良いです。

あとでワープロ・ソフトを使って整理しやすくなります。

さっきの例を応用すると「#序章第1節Aの立場」や「#序章第2節Bの立場」などです。

インターネット記事の整理

インターネット記事を整理するとき次のステップを踏みます。

  1. スマホやパソコンで見ている記事をツイッターにシェアする(共有する)動作を開始
  2. シェアするとき、できれば記事のタイトルを消去
  3. 「タグづけのコツ」を参考に独特なタグづけをしてシェアボタンをタップ(で完了)

2点目の「シェアするとき、できれば記事のタイトルを消去」の作業について。

シェアした記事が反映されると、記事タイトルはツイート下部に表示されます。この文字数が邪魔。

文字数を節約して140文字一杯に、次のようなツイートを書きましょう。

  • この記事をシェアする理由
  • この記事の評価と基準

などなど。

これらのツイートが10個たまると1400字になります。

積み重なっていくと、すいすい執筆に着手できます。

ツイートだけが積み重なってもカオスになっていくので、たまに自分のツイートを独特なタグごとにパソコンのワープロ・ソフトに吐き出します。
このとき、目次構成を意識するタグづけが有効になります。

紙媒体文献の整理

本や雑誌などの紙媒体を整理するときもインターネット記事の整理方法とほぼ同じです。

違う点ですが、インターネットの記事には必ずURLが存在しますが、紙媒体にURLがありません。

本や雑誌が独自のアドレスにもっているのが奥付の情報です。奥付とは本や雑誌の最後のほうの部分で、書籍情報を書いています。著者名、書名、出版年、出版社など。

紙媒体文献を読んでいて大事だと思った箇所に出あったとき、次の作業をします。

  • ページ番号が入るように該当ページを撮影し、引用する箇所をギャラリー機能のペンでマーク
  • 奥付を撮影

この2枚(以上)の写真をツイッターに投稿します。鍵アカなので著作権の心配は不要です。

先述したツイート本文に書く内容を再掲すると

  • この記事をシェアする理由
  • この記事の評価と基準

です。

これらに応えるツイート文も140字一杯くらい頑張りましょう。撮影した本文と奥付の写真2枚をまとめてアップロードするとき、これに付随するツイート欄に書くと、カオスになりません。

たまにパソコンで、自分のツイートを独特なタグごとにワープロソフトに吐き出すことも忘れずに。

独特なタグを多くもったツイートをワープロ・ファイルへ吐き出す

以上のような作業を繰り返していくと、自分のツイートを吐き出したワープロ・ファイル(ワードや一太郎などで作ったファイル)が豊富になります。

パソコンでツイッターを表示させます。パソコンからはコピペが簡単ですから、独特なタグやツイートをワープロ・ソフトへコピペしていきます。画像の場合は卒論専用フォルダなどへダウンロードしていきます(奥付も忘れずに)。

全体を整理する

目次を構成する見出し別に文章を振り分けたり並べ直したりします。

そして、見出し別に筋がとおるように文章を統一させていきます。

ツイート文のままですと、かなりチグハグな文章のままだったり、論旨がバラバラな段落になるでしょうから。

見出しと独特なタグとの関係

見出しと独特なタグとの関係も意識して調査をすすめると、さらに自分の卒論への理解が深まります。

いずれはツイッターから離れて、ワープロ・ソフトで最終調整です。

見出しと独特なタグとの関係をにらめっこして、全体的に「起承結」に並ぶように整理します。

まとめ

卒業論文の準備にツイッターを使う方法は以上です。

まとめます。

卒業論文の準備にツイッターを使うには卒業論文専用に鍵アカウントを作成します。
タグづけのコツには次のようなアイデアがあります。

  • 自分の名前やIDを使うタグづけ
  • 独特な言葉をくっつけるタグづけ
  • 卒論の目次構成を意識するタグづけ

インターネット記事の整理にも紙媒体文献の整理にもツイッターとタグづけ機能をうまく使いましょう。紙媒体文献をツイッターに上げるとき奥付の撮影も忘れずに。

ツイッターの作業がたまってくれば、独特なタグを多くもったツイートをワープロ・ファイルへ吐き出して全体を整理していきます。

見出しと独特なタグとの関係をにらめっこして、全体的に「起承結」に並ぶように整理します。

ラフスケッチですが、卒業論文にツイッターを使うコツを述べました。

緻密(ちみつ)な整理にはツイッターが意外に便利です。上手く卒論へと積みあげていってください。

知ってることばかりが出てくるようになったら調査を止めるとき。この快感をめざして頑張ってください♪

文献調査
スポンサーリンク
筆者
Seniorn

経済史研究がしたことといえば近代化や西洋化の叙述か拒絶だけでした。西洋に抱きついたか日本で自慰したようです。そこには悲しいくらいの自己愛に満ちた閉鎖的な世界が広がっています。こんな経済史と決別し、大学生の感性から21世紀の経済史をまとめています。

Seniornをフォローする
Seniornをフォローする
経済史ドットコム

おすすめ書籍(読みごたえ重視)

日本にできることは何か―東アジア共同体を提案する

2004年8月13日にamazonで注文。結論が明確で東アジア共同体を具体的に提案。中国・朝鮮国の低廉労働力や資源、韓国・日本の高水準技術をミックスする必要を説明。議論の余地が分かれる結論がかえって面白い。著者の構想を丁寧に吟味して経済学を学びたい。

「日本」とは何か

「日本」「大和」の語源や日本人意識の形成を古代から近世までさかのぼって検証。他方で現代の「日本」用語にも注意を払う。筆者の歴史観の一つ東西の日本史も味わえる。奈良・大和・朝鮮・日本・中国という5地域を読者はどう関係づけるか。いまも私は悩む。

恋愛と贅沢と資本主義

20世紀初頭に消費から経済史をみた珍しい本。私たちの生活を突き動かすのは禁欲か贅沢か。マックス・ウェーバーの禁欲主義にたいして恋愛や贅沢に注目する欲望主義。19世紀フランスの宮廷恋愛からヨーロッパ経済史へと視野を拡大し都市論や貿易論にも言及。

なぜ日本は没落するか

50年後の日本を予測。経済、文化、民心のあらゆる面で日本が没落すると断定。この断定の根拠が説得的で、自分の経験、学問の経験、経済学による検証をふまえて説明。自分の国をつき放して客観的に見る力を養いアジア経済や世界経済で活躍する勇気をもてる本。

なぜ日本は行き詰ったか

日本が行き詰った要因を日本史・日本思想史・日本人論から分析。網野善彦ら当時の日本史で最新の認識もふまえた筆者の教養に脱帽。儒教受容の地域差に注目した点が斬新。無下にマルクスやウェーバーを否定しない姿勢や日中比較を冷静に行なう丁寧さが素敵。

有閑階級の理論―制度の進化に関する経済学的研究

人間が行動する理由は見栄にあるとみた著者が古今東西の顕示的欲求を検証。かなり漠然とした民俗学風の内容なので枯れた気持ちになるが、見栄で動く人の虚しさが読むうちに一滴の水のように染み込む。承認欲求と自己満足が重なった人類の底の浅さを学べる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました