音声入力でメモ帳にアイデアを書く

アイデアストック

ツイッターで140字の文章を書き溜めて、情報整理をしながらワードに貼りつけ、卒業論文へと成長させていく方法を紹介しました。

スポンサーリンク

音声入力でメモ帳にアイデアを書く

今回は、どんなスマホにもある簡単なテキストファイル(メモ帳のようなもの)を使って、音声入力からメモを書き溜めていく方法をお伝えします。

私のスマホの機種は「Huawei p30 lite」ですのでアンドロイドになります。アンドロイドを念頭に話を進めますがiPadやiPhoneでも対応できるはずです。

アンドロイドでメモ帳を使う

アンドロイドにデフォルトで入っているメモ帳を以下では使います。

皆さんのスマートフォンにもデフォルトでテキストアプリが入ってると思いますので、自分に当てはめて使いこなせるようになってください。

アンドロイドには次のようなメモ帳というアプリがあります。

メモ帳

これをインストールして開くと次のような画面になります。

メモ帳

メモ帳を使うには緑色の四角で囲った青丸のボタンを押して、入力画面に移りましょう。

入力画面は次のようなものです。

オレンジ色のまるあたりからカーソルが出てくるのでそこから書き始めます。

メモ帳

書きはじめる段階でタイトルを気にする必要はありません。

後でアプリが勝手にタイトルにしてくれたり自分でタイトルを書き直したりできます。

とにかく思いついたことや忘れそうなこと、またナイスと思ったアイデアを書き留めることが最優先です。

このときに便利なのが音声入力です。

音声入力でメモ帳にアイデアを書く

音声入力アプリはいくつかあります。

優秀なキーボードアプリに「Simeji」があり音声入力もできますが、私は少し操作感覚が合わなかったのでアンドロイドデフォルトの音声入力を使っています。

音声入力は場所によって使えないことがあります。とくに外出先の雑音が多いときです。

こういう場合は手入力でメモを書いていくしかありません。

でも室内に入る時は音声入力の精度は格段に上がりますし、そもそも快適に動作します。

音声入力は多少の誤入力をしますが、精度はとても高く、毎日進化しています。ですから後で修正する手間も日々減っています。

ただし、句読点入力が私の場合アプリではできないので、ちょっと不便です。ひたすら会話が終わってもひたすら文書が続いてる具合です(笑)

私が行っている作業は次のようです。

まとまった文章が終わったときに一旦音声入力を止め「。」を入力します。そして音声入力モードに戻します。モードの切り替えはすぐにできるのでストレスにはなりません。

メモ帳を管理する

メモ帳のお話に戻ります。

一つのメモが終わるとタイトルが自動入力されてつくられます。

メモの数が集まっていくと8個ほどのメモ一覧がスマホの画面いっぱいに出てきます。それ以上増えると何をメモしたか忘れやすくなります。

10数個や20数個のメモ数ならスマホをスクロールすればだいたい思い出します。

これ以上になると私はギブアップ。

こういうときや、メモ帳をすぐにパソコンへ移したいときなど、どうしましょうか。

一つはスマホとパソコンをクラウドサービスで結びつけて、このクラウドへファイルを放り込む方法があります。

ただ、私はクラウドサービスが苦手…。

メモ帳が増えていくと何を書いたか把握できなくなるので、クラウドの苦手な私の場合、メモ帳のテキストを何かに貼りつけて、そのつど、何らかの形で私のパソコンへ移します。

何に貼りつけて何の形でパソコンへ移すか、これを映像で説明します。

メモに入力した文章を共有する方法のうち、クラウドサービスを使わない方法です。

文章で書くとかなり長い上にややこしいので、2分16秒の動画、ちょっとご覧ください。

まとめ

どんなスマホにもある簡単なテキストファイルを使って、音声入力からメモを書き溜めていく方法をお伝えしました。

そのうえで、テキストファイルかテキスト自体をパソコンへ移す方法をお伝えしました。

趣味や勉強のアイデアづくりとアイデア貯蔵にぜひお役立てください。

アイデアストック
スポンサーリンク
筆者
Seniorn

経済史研究がしたことといえば近代化や西洋化の叙述か拒絶だけでした。西洋に抱きついたか日本で自慰したようです。そこには悲しいくらいの自己愛に満ちた閉鎖的な世界が広がっています。こんな経済史と決別し、大学生の感性から21世紀の経済史をまとめています。

Seniornをフォローする
Seniornをフォローする
経済史ドットコム

おすすめ書籍(読みごたえ重視)

日本にできることは何か―東アジア共同体を提案する

2004年8月13日にamazonで注文。結論が明確で東アジア共同体を具体的に提案。中国・朝鮮国の低廉労働力や資源、韓国・日本の高水準技術をミックスする必要を説明。議論の余地が分かれる結論がかえって面白い。著者の構想を丁寧に吟味して経済学を学びたい。

「日本」とは何か

「日本」「大和」の語源や日本人意識の形成を古代から近世までさかのぼって検証。他方で現代の「日本」用語にも注意を払う。筆者の歴史観の一つ東西の日本史も味わえる。奈良・大和・朝鮮・日本・中国という5地域を読者はどう関係づけるか。いまも私は悩む。

恋愛と贅沢と資本主義

20世紀初頭に消費から経済史をみた珍しい本。私たちの生活を突き動かすのは禁欲か贅沢か。マックス・ウェーバーの禁欲主義にたいして恋愛や贅沢に注目する欲望主義。19世紀フランスの宮廷恋愛からヨーロッパ経済史へと視野を拡大し都市論や貿易論にも言及。

なぜ日本は没落するか

50年後の日本を予測。経済、文化、民心のあらゆる面で日本が没落すると断定。この断定の根拠が説得的で、自分の経験、学問の経験、経済学による検証をふまえて説明。自分の国をつき放して客観的に見る力を養いアジア経済や世界経済で活躍する勇気をもてる本。

なぜ日本は行き詰ったか

日本が行き詰った要因を日本史・日本思想史・日本人論から分析。網野善彦ら当時の日本史で最新の認識もふまえた筆者の教養に脱帽。儒教受容の地域差に注目した点が斬新。無下にマルクスやウェーバーを否定しない姿勢や日中比較を冷静に行なう丁寧さが素敵。

有閑階級の理論―制度の進化に関する経済学的研究

人間が行動する理由は見栄にあるとみた著者が古今東西の顕示的欲求を検証。かなり漠然とした民俗学風の内容なので枯れた気持ちになるが、見栄で動く人の虚しさが読むうちに一滴の水のように染み込む。承認欲求と自己満足が重なった人類の底の浅さを学べる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました