話題のエレクトロニック・スポーツを楽しむ

学ぶ技術
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

「東京eスポーツフェスタ2022」が1月28日よりオンラインで開催されています。

このイベントはeスポーツの普及と関連産業の振興を目的に、eスポーツの競技大会と関連産業展示会などで構成されています。

eスポーツは人々にさまざまなコミュニケーションを実現させてくれます。

eスポーツとは

最近話題のeスポーツとはエレクトロニック・スポーツの略語で、コンピューターゲームを使った対戦をスポーツ競技としてとらえる総称です。

eスポーツは世界中で注目を浴びていて市場規模も拡大しています。2026年度のeスポーツ国内市場は500億円となる見込みです。

eスポーツの大会は、パソコンなどの従来の据え置き型のゲーム機で配信されているものが多いです。近年はスマホでリリースされているアプリでも大会が開催されています。

市場規模が拡大するエレクトロニック・スポーツ

スマホアプリでの大会をみますと、シャドウバースでは2019年に開かれた大会で賞金が1億1000万円、モンスターストライクでは大会ツアーの賞金総額1億円を超え、PUBG MOBILEではプロリーグの賞金総額は3億円といわれています。

国内の人気プロリーグ決勝大会では3000人規模のアリーナが埋まり、有料チケットの5000円のチケットが3000枚完売するほどでした。

人通りが多い、松戸駅構内(千葉県松戸市)の中心部、2021年1月にジェクサー・eスポーツステーションがオープンしました。

びゅうプラザの空いたスペースを埋める形で、eスポーツ事業に白羽の矢が立ったわけです。同じ鉄道業者の東京メトロも、2021年5月、赤羽岩淵駅にeスポーツジムをオープンしました。

eスポーツの魅力

鉄道会社も注力するeスポーツは、ハンディキャップの有無や年齢・性別・体格差など関係がないので、誰でも活躍できる競技として注目されています。

インターネット上の仮装世界の「メタバース」がいま話題になっています。これがeスポーツ業界のなかでも人気を集めています。

メタバースに親和性のあるゲームは、知名度があるフォートナイトマインクラフトあつまれどうぶつの森など。

eスポーツ関連サービス

eスポーツに関連する次のようなウェブサービスもあります。

ゲムトレ

ゲームのオンライン家庭教師。

大会出場やプロゲーマーを目指すだけでなく、脳と心を鍛え、コミュニケーション能力を向上させます。

ゲームをしていると頭が悪くなるといわれていたのは過去の話。最近の研究では、ゲームをすることで集中力や情報処理など脳の力が高まると証明され、ゲームで頭が良くなるようです。

また、チームでトレーニングを行なうので、年齢の近い友達と繋がることができます。

朝からゲームで脳を活性化させる「朝ゲー」や、生徒や親同士でも繋がれる「ゲムトレ親の会」の取り組みもされています。

総合学園ヒューマンアカデミー(全日制)

全国19校ある専門学校のヒューマンアカデミー。声優・マンガ・美容・服飾など様々なコースを設けていて、eスポーツのコースもあります。eスポーツプレイヤーを育成する日本初の専門校です。

eスポーツのプロチーム『Crest Gaming』が監修し、全面にバックアップしたカリキュラムで実践的に学べます。プロからの直接指導、インターンなど、ヒューマンアカデミーでしかできないプロになるための機会もあります。

eスポーツゲームクリエイター

PCショップASP:おしゃれなゲーミングPC販売

ゲームを最高の設定でプレイするには、映像をきれいに映すためのグラフィックボードの性能が重要です。

通常では困難な、小型化・おしゃれ・コンパクトなデザイン性を追求したオンリーワンのゲーミングPC(ゲームパソコン)など扱う通販サイト。これがPCショップASPです。

  • 高性能/耐久性でこんなに小さいゲーミングPC
  • 女性のお部屋にも合うおしゃれなゲーミングPC
  • 本当に高性能で信頼できるゲーミングPC

このようなゲーミングPCがPCショップASPで販売されています。

  • 高性能なゲーミングPCで見た目にもこだわりたい人
  • おしゃれなゲーミングPCで差をつけたい人

当てはまる方はぜひチェックしてみてください。

高性能耐久性があるゲーミングPCが欲しいけど、見た目も重視したい方におすすめできます。基本性能が優れているので、ゲーミングPCを通常の用途に使っても作業がはかどります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました