人工知能技術専門プログラミングスクール「AIジョブカレ」

学ぶ技術
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

近年めざましく展開しているプログラミング教育は省庁や民間企業が重点的に人材育成を行なっている教育部門です。

対象年齢は小学生から社会人までが中心ですから、プログラミング学習を行なう世代は、今後かなり広がっていくでしょう。

21世紀の新しい教育と新しい学習方法として注目したいところです。

人工知能技術専門プログラミングスクール「AIジョブカレ」

エッジテクノロジー株式会社が運営するAIジョブカレは、AIの仕事も紹介してくれる、人工知能技術専門プログラミングスクールです。

対象

AIジョブカレは次のような学習者を対象にしています。

  • 3ヶ月~半年以内に転職したいかつ転職できる方
  • 35歳以下の方 ※学歴不問
  • プログラミング経験1年以上 ※28歳以下の方は学生時代でも可
  • AI・データ分析業界にキャリアアップしたい方
  • 独学でPythonやAIを勉強している⽅

スタンス

AIジョブカレでは、未経験からAI・データ分析の知識を学び、実社会でAI開発・実装やデータ分析を担える⼈材を育成するために必要な知識・スキルを学ぶことができます。

具体的には、一般社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA)認定のE資格取得に向けて対策講座を開催しています。

E資格の認定で試されるのは、ディープラーニングの理論を理解したり適切な手法を選択したりして、ディープラーニングを実装する能力や知識をもっているかどうか。

なお、JDLAはディープラーニングを中心とした技術による日本の産業競争力の向上をめざした協会です。

JDLA認定E資格対策講座が中心のプログラミング学習

AIジョブカレでは、AIの実装能力を向上させるために、次の講座が開かれています。

  • E資格対応パッケージプラン
  • E資格直前対策講座
  • Python+数学講座
  • 機械学習講座
  • ディープラーニング講座
  • 統計+R講座
  • linux実務向け基礎講座
  • G検定直前対策講座
  • Python+数学超入門講座
  • SQL講座
  • 統計+Python
  • AI活用に必要なインフラ基礎講座

JDLA認定E資格対策講座を中心にプログラミング学習ができます。

講座の5つの特徴

  1. 日本ディープラーニング協会公認…E資格受験資格を取得するためにAIジョブカレの講座を受講する必要があります。
  2. 専門実践教育訓練給付制度…厚生労働大臣が指定した専門実践教育訓練の講座を受講し、一定の要件を満たす場合は、教育訓練施設に支払った教育訓練経費の50~70%が支給される制度です。
  3. 経済産業省第四次産業革命スキル習得講座認定…機械学習講座とディープラーニング講座の両方を修了することが条件です。※個人だけでなく法人・団体も適用可能
  4. 完全オリジナルカリキュラム…講座のカリキュラムは実務家が作成・改修した自信のオリジナルカリキュラムです。万一、初回講座で満足いかなかった場合は全額返金してくれます。

未経験からAI領域の転職⽀援

AIジョブカレ⽣には随時転職サポートとして、AI領域の求⼈情報の紹介、合同採⽤説明会、各種ご相談、応募書類の作成サポートなどをしてくれます。

AI領域未経験からAI領域への転職成功実績が多数あり。

AI領域未経験者でも転職成功できる理由は、AIジョブカレにはAI業界に特化する法人200社以上との連携があるからです。

紹介先はAIスタートアップ、AIベンダー、企業のAI・DX部門、商社、ファーム、コンサルティング会社におけるAI・データ分析部門など多岐にわたります。

また、転職成功後もAIに関わる学習をフォローアップするスキームがあります。

  • 企業側の教育コストを削減
  • 意欲的な求職者が集まるサイト

などの理由から、採用に対する難易度を下げることに成功しています。

まとめ

人工知能技術専門プログラミングスクール「AIジョブカレ」には次のメリットがあります。

  • 未経験からAI・データ分析の知識を習得
  • 実社会でAI開発・実装やデータ分析を担える⼈材を育成するために必要な知識・スキルを学習
  • 一般社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA)認定のE資格取得に向けて対策講座を開催
  • エッジテクノロジー株式会社が運営

コメント

タイトルとURLをコピーしました