モノと一緒に理解して外来語を楽しく学習

モノと一緒に理解して外来語を楽しく学習

外来語に関する記事のリストです。

モノと一緒に理解して外来語を楽しく学習してください。

外来語とは

外来語とは外国語から自国語の体型に採り入れられた語で、借用語とも。日本語ではカタカナで表記します。

初めは外国語として入り、のちに自国の言葉として外来語を使うようになります。対語に和語・漢語、類義語にカタカナ語。

  • 日本語のなかの外来語は欧米語(カタカナ語)が中心
  • 和製英語も外来語
  • アイヌ語や古代朝鮮語も外来語
  • 近現代以降に中国から入った語も外来語(前近代の中国から入った語は日本語)

20世紀に外来語は年々増えていました。

かなり普及した外国語は外来語というイメージ。ただし、外来語の発音が外国語に近いとき、厳密に区別できないものも多いです。

和製語(カタカナ語)とは

他方で外来語(借用語)の一部を使ってできた語(スポーツ観戦など)はまとめて日本語というイメージ。とくに混種語の法則に則っているものは和製語カタカナ語)といいます。

このように外国語・外来語の区別、外来語の発音・表記のルールなどが不明瞭です。

また、カタカナには造語力があり、略語もあります。

このような事情から、カタカナで記す外来語は外国語学習者だけでなく日本人をも悩ませてきました。

外来語の表記

日本語教育の隆盛をうけて、1991年に国語審議会答申にもとづき、内閣告示・内閣訓令として「外来語の表記」が出されました。

これ以降、「外来語の表記」は日常生活における国語表記の目安とされています。

前書き・本文・付録(用例集)から構成されています。

本文は次の構成です。

  1. 「外来語の表記」に用いる仮名と符号の表
  2. 留意事項その1(原則的な事項)
  3. 付留意事項その2(細則的な事項)

「3」の細則的な事項は次の構成。

  • 第1表に示す「シェ」以下の仮名に関するもの
  • 第2表に示す仮名に関するもの
  • 撥(はつ)音、促音、長音その他に関するもの

「外来語の表記」全文をみる場合は「文化庁 | 国語施策・日本語教育 | 国語施策情報 | 内閣告示・内閣訓令 | 外来語の表記」をご覧ください。

スポンサーリンク
学ぶ技術

日本語の歴史:近代(東京遷都後終戦時)編

近代になると、日本語の近代化がすすんで標準語が制定され普及していきます。他方、外来語の流入に歯止めが利かなく、ローマ字日本語も普及していきます。ただ、日本語研究は活発になり、語彙や文法から標準語をつくる動きとして多くの説が出てきました。
学ぶ技術

日本史からたどる外来語の歴史

日本史区分にそって欧米語の趨勢から外来語の歴史をたどる。外来語とは外国語から自国語の体型に採り入れられた語で借用語とも。日本語ではカタカナで表記。カタカナ語は造語力がある一方で略語にされることも多く、日本語学習者の混乱に拍車をかけています。
学ぶ技術

国語辞典と言語学習にみる化学反応:感化・同化・帰化・文化

この記事では国語辞典に立ちかえり、感化・同化・帰化・文化の4つの語彙を考えます。そのあと、言語学習にみる同化と文化の問題をふりかえります。最後に、オンライン学習むけの情報や化学反応できない人たちへの注意点などを述べます。
2022.03.26
学ぶ技術

日本語の歴史:近世(安土桃山・江戸時代)編

近世になると、近代日本語が芽生えました。日本語研究が活発になり、文化の担い手が民衆にまで広がりました。5段活用が定着したり仮定表現に已然形が使われたり、文法が現代に近づきましたので、この辺りからみていきましょう。
学ぶ技術

日本語の歴史:中世(鎌倉・室町時代)編

日本語の歴史をたどるシリーズ、今回は中世(鎌倉・室町時代)です。この時代の日本語では古典日本語が崩壊し、接続詞が発達したことが大きな変化です。語彙では和文語と漢文訓読語が混ざりはじめ、漢語、和製漢語、敬語語彙、位相語が豊富になりました。
学ぶ技術

日本語の歴史の概説と関連用語

日本語の歴史(日本語史)は国語教員資格に必要なものです。漢文や古典をふくむため日本語学校では教えません。日本語教育能力検定試験でも出題は少ないです。しかし、学生目線で言語学習に取り組むために日本語教師にも知っておいてほしいテーマです。
2022.03.06
バーチャル経済史

モノと言葉にみる日本と米国のコーヒー受容

いまではカフェでコーヒーを飲む習慣が定着していますが、立ち止まって歴史をながめると、カフェとコーヒーの巡り合わせは一時的なものです。カフェの語源もまじえてモノ(現物)と語彙・発音との違いをもとにコーヒー(珈琲)の歴史に迫ります。
2022.05.10
スポンサーリンク
このページをシェアする
シニアン(Seniorn)をフォローする
タイトルとURLをコピーしました