日本語の動詞グループ(動詞の活用)

学ぶ技術
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

活用からみた日本語の動詞グループ(動詞の活用)

日本語の動詞はさまざまに変化します。

変化するパターン(動詞の活用)からみて、動詞は3つのグループに分かれます。

  • 日本語学習者は動詞グループの分け方に慣れて、日常生活で使えるようになってください。
  • 日本語教師は外国人に教えていることを肝に銘じて、丁寧に辛抱強く学生と向き合ってください。

1グループ

1グループの動詞は、「買います」の「普通形」(買う/kaw-u)のように、語幹が母音で終わります。変化のパターンから3つのチームに分けられます。

2グループ

2グループの動詞は、「見ます」の「普通形」(見る/mi-ru)のように、語幹が母音で終わります。語幹は「i」か「e」になります。

3グループ

2語あります。特殊な変化をします。 します、きます(来ます)

動詞の変化

日本語の動詞には、次のような形があります。

それぞれをクリックして、変化のパターンを勉強しましょう。

動詞ます形(丁寧形)

日本語の動詞の基本は「ます形」(丁寧形)です。練習しましょう。

1グループ

2グループ

3グループ

します、きます(来ます)。

 

辞書形

ない形

動詞た形

赤りんご
赤りんご

「ます」が「た」に変わります。

1グループ

いちり チーム
ますった
ますった
かえますかえった
にびみ チーム
ますんだ
あそますあそんだ
ますんだ
その他チーム
かきますいた
およぎますおよいだ
はなしますはなした

2グループ

i 「ます」チーム
ます
ます
ます起き
e 「ます」チーム
ます食べ
ます
おします教え

3グループ

ます
ます

て形

普通形

意向形

命令形

条件形

可能

受身・尊敬

使役

コメント

タイトルとURLをコピーしました