工業化や動力革命からみる産業革命

工業化や動力革命からみる産業革命

工業化や動力革命から産業革命を考えています。

18世紀のイギリスでは蒸気機関の発明から産業革命がスタートしました。蒸気力によって工業生産が発達し、社会の仕組みが大きく変わりました。

映像的なイメージは「イギリスの産業革命 | NHK for School」で詳しく見ることができます。

しかし、19世紀末になると蒸気力が足枷となり、イギリスの経済成長は鈍化しました。最新の動力が電力に代わり、イギリスは乗り遅れたからです。この段階で世界経済の中心となったのがアメリカとドイツでした。

スポンサーリンク
国際経済論

動力からながめる現代の列車と自動車

動力はイギリス産業革命で大切な要素の一つでした。次回に動力の歴史から列車や自動車の展開をさぐるために、今回は、現代の列車と自動車を動力からながめます。世界最速の列車、世界最速の自動車、列車とは、自動車とは、発動機、蒸気機関、ジェットエンジン。
教える技術

「産業革命論」にみる繊維産業の盲点

日本資本主義論争とくに産業革命論にみる繊維産業の盲点を描きます。この議論の大きな欠陥は近代日本のアパレル産業を分析対象から外した点です。机上の空論が議論としての途上国日本に固執し、現状としての途上国日本を無視した実態をたどります。
教える技術

「産業革命論」にみる左翼ナショナリズムの形成

日本の共産主義、左翼の貿易排除の思想、一国資本主義論のスタンスを私は左翼ナショナリズムと名づけています。経済史学の研究者たちがどのように産業革命論を述べてきたかをたどります。そして、経済史学にみる左翼ナショナリズムの形成を論じています。
2022.02.26
学ぶ技術

産業革命期の街づくりゲーム:ANNO1800

「楽しく脳を鍛える習い事」として産業革命をテーマにした街づくりシミュレーションゲームを紹介。判断力、国語力、る算数力(数学力)、歴史力(世界史力)を養えます。子供に計算のアドバイスをしてあげれば、比較的スムーズに遊んで学べると思います。
2022.03.06
ブックレビュー

リープフロッグ:グローバル経済史の要約

野口悠紀雄氏の『リープフロッグ:逆転勝ちの経済学』をご紹介。本書は世界経済の歴史で中心となってきた国々をとりあげ、リープフロッグの概念から一冊で世界経済史をまとめた良書です。#経済史 #世界史 #リープフロッグ #野口悠紀雄 #文春新書 #産業革命
2022.06.09
バーチャル経済史

GDPの推移にみるグローバル経済史の流れ

この記事ではGDPの推移から世界経済史の流れや転換点を学びます。具体的にはアンガス・マディソンのGDP推計とGDPの推移をみて工業先進国と新興工業国の交替を確認します。登場するテーマや国・地域に関心をもって世界史や経済史を調べる癖をつけてください。
2022.02.27
広視野経済学

アパレル産業から経済活動の循環を理解する

アパレル産業から経済学を説明しています。経済学を説明するというと難しそうですが、この記事では経済活動が循環している点を理解してください。そして、経済活動の循環をとらえる2つの経済学をご紹介して、みなさんへのメッセージを添えています。
2022.02.07
スポンサーリンク
このページをシェアする
シニアン(Seniorn)をフォローする
タイトルとURLをコピーしました