動力からながめる現代の列車と自動車

国際経済論
この記事は約2分で読めます。
記事内に広告を含みます。

動力はイギリス産業革命で大切な要素の一つでした。

次回に動力の歴史から列車や自動車の展開をさぐるために、今回は、現代の列車と自動車を動力からながめます。

スポンサーリンク

動力からながめる現代の列車と自動車

イントロダクション

  • 世界最速の列車…2022年1月現在、上海マグレブ(by Germany & China)
  • 世界最速の自動車…2020年11月現在、トゥアタラ(by SSC: US)

列車

  • 列車の定義…レールの上を走って、人や貨物を運ぶ、長く連なった車両。たとえば、特急列車、臨時列車、夜行列車、貨物列車、長距離列車など。
  • 列車の種類…
  • レールとは?

自動車

  • 自動車の定義…エンジンの力で車輪を動かし、道路の上を走る乗り物。
  • 自動車の種類…
  • エンジンの定義…発動機や蒸気機関。たとえばジェットエンジンなど。例文に「エンジンをかける」「エンジンがかかる」。

エンジンの定義にある蒸気は空気ですが、ジェットは蒸気でしょうか…!?

スポンサーリンク

ジェットエンジン

  • ジェットエンジンの定義…前方から取り入れた空気を圧縮して、燃料を加えて爆発させ、その反動で推進力をつけるエンジン。たとえばジェット機。
  • 比喩としての「ジェット」…ジェットコースター、ジェット気流など。

7分間の上海マグレブ

次のエッセイの上海マグレブをどう読むか…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました